Top / 高校受験を目指す方

高校受験対策

画像の説明


sub-中学2

●2月の中旬神奈川県公立高校入試をもって受験シーズンも山場を越えます。一生懸命勉強している先輩の姿を見ていたと思いますが、さて次はいよいよ君の番です。と言うと、『未だ3年生にもなっていないのに』と思われるかも知れません。
しかし、4月に3年生になってから勉強を始めても、実は入試まで10ヵ月しか無いのです。なるべく早く受験生としての心構えを作って下さい。勉強のコツは長期計画の下に、規則正しく勉強することにあります。また、アレコレ問題集や参考書に手を出すより、定評のある基本書を何度も繰り返しやって血肉とすることが大切なのです。
京進スクール・ワン吉野町教室では新3年生を対象に、春期講習より長期計画の下に受験対策をスタートさせます。
●下記は標準的なスケジュールですが、教材に関しては、一般公立校、国私立難関校等、志望校によって適切な教材選択を致します。
また、標準的なスケジュールによる受験対策を進められない場合は、それにこだわらず、カウンセリングの上独自のスケジュールを組むことも可能です。



春期講習

3年生になる前に、先ず1、2年の基本的な部分を総復習致します。特に英数及び国語の文法は1、2年の内容を前提として、授業が行われます。
3年生になってから授業の内容を良く理解出来るだけの学力を養うことが大切です。1年間を通して使用する受験用教材をスタートさせます。



4月~7月

●4月~7月は、学校授業の補習を中心に行います。推薦入試で7月迄の成績も重視する高校もありますので注意が必要です。(特にスポーツ推薦は7月迄の成績で決まる場合があります。)



夏期講習

●夏休みは受験生にとっては最大の山場です。“夏を制する者は受験を制する。”と言われています。
受験生は、秋になれば内申点が決定される時期が始まり、のんびりした生徒も目の色が変わってきます。
受験生はこの夏こそ実力をつける最大のチャンスと考えて下さい。夏期講習では是非強化対策コースを選択して下さい。
このコースは中学1年から3年の7月迄の内容を体系的に総復習するのみならず中3の9月から学年末迄の先取学習迄致します。
それにより9月以降の授業内容も良く理解できるようになり、&deco(#0089A7,,20){''内申点の大幅アップにも役立ちます。
学力・目的・進度に応じ基本学習範囲を指定し、自宅学習も含め、完全に終了するための勉強方法も指導致します。



9月~11月

ほとんどの神奈川県公立高校の場合内申点が約35%を占めます。又私立高校の推薦は、ほとんどが9月~11月の成績で決定されます
3年間の勉強の成果を問う入試より、9月~11月の3ヵ月間で決まる内申対策、推薦対策を重視した方が高校受験にとってはより戦略的とすら言えます。
この間は学校授業を中心にし、教室では補習に力を入れ復習、確認、不明点解明に力を注いで下さい。又中間、期末の2~3週間より中間、期末対策コースを設けますので是非参加して下さい。
試験範囲も限定されているため、きわめて効果的です。



冬期講習

●12月の上旬には、定期考査が終わるとすぐに学校で三者面談が行われます。また、それにより志望校が最終決定されるのもこの時期です。
受験生は最後の山場を迎えます。京進スクール・ワン吉野町教室では、12月1日より2月末まで冬休講習をはさんで冬期講習を開催致します。
今まで学んだ知識を体系的に整理し、弱点を補強し、そしてそれをしっかり定着させる一方入試の実戦力、得点力を養うことがこの時期のポイントです。
冬期講習は、強化対策コース、実戦力養成コース、直前対策コース、志望校過去問コース、理/社弱点補強コース、作文コース等が開設されます。



入学決定後 春期講習

高校での学習は質量共に格段に高くなり、学習方法も中学とは異なります。又、多くの高校では新学期早々クラス分けの試験があります。希望に胸を膨らませて入学した高校生活で、スタート時点から躓かないため高校準備コースを開設致します。
このコースの特色は
 ■高校に入学してから5月位までの授業を中学3年生でも無理なく理解できるようにまとめてあります。
 ■中学の学習方法との違いを自然に理解させる構成になっています。
 ■大学受験問題を意識せず理解させることで本当の実力を身につけさせます。
 ■テキストの内容が理解できれば、中間テストの頃までは余裕をもって高校の授業を受けられます。
また、学校によっては入学時迄に課題が出されることがありますが、課題解決をサポートする学校課題コースも開設されますのでご安心ください。

ページのトップへ



他にも充実したサポート

併塾

●レベルの高い、いわゆる有名校の受験を指導目的としている集団授業の進学塾に通塾している中学生もおられると思います。
集団授業でも全ての教科が理解できるのであれば何ら問題ありませんが、中にはなかなかついていけない教科もあるのではないでしょうか。
そんな場合はその教科について通っている集団塾の教材を用い、集団塾の授業に沿って個別指導を受けることもできます。


発展コース

●国立・私立難関高や都立独自出題校志望の場合は学習指導要領に準拠した学校教科書(標準レベル)だけでは、対処しきれません。
その場合、標準レベルを超えた発展レベルの教材を進めていく必要があります。京進スクール・ワン吉野町教室では中1から発展教材を持たせ、将来の難関校受験に備える発展コースも設けています。


学力回復

●どこからわからなくなったかわからない!このように、今の学年で習っていることよりも、過去の学習内容が理解できていないため成績が上がらないケースが多くあります。
京進スクール・ワン吉野町教室では、そのような生徒の学力を回復するために、学年をさかのぼり(場合によっては小学校の内容まで)成績が上がらない理由の根本から指導致します。
これによって無理なく、効率よく学力を回復することができます。まさに個別指導ならではのコースと言えましょう。


検定試験対策

●英検(英語検定)5級~2級、数検(実用数学技能検定)11級~準1級の対策を行います。現在の実力と目標にあった教材を選定し、自宅学習の指導も含め計画的・効率的に目的達成のための指導を致します。

ページのトップへ




勉強嫌いだった生徒が難関校に合格した理由

問い合わせ3

電話番号 045-241-7990
FAX 045 - 330 - 6074
受付時間 10:00~21:00/日・祝除く

京進スクール・ワン本部