LOVEって?

塾長の長谷川です。

シンガーソングライター&カウンセラー 南修治氏が書いている内容に目がとまりました。
それは・・・

 愛は、英語に訳すと「LOVE」です。

 これは元々英語圏にはなかった言葉です。聖書が英語圏に伝わっていくとき、「神様が無条件に私たちを愛してくれた」ということを訳していく中で、「LOVE」という言葉が生まれたのだそうです。

 そのとき、「こういうことが愛することなんだよ」という説明があって、その行為の頭文字四つを重ね合わせてつくられたのが「LOVE」という言葉だったそうです。

 その四つの行為の一つ目は「Listen(聴く)」です。「Hear(聞く)」じゃありません。「耳を傾けて聴く」ということが愛の始まりということです。

 二つ目は「Over Look(全体を見つめる)」です。「細かいことは見ない」ということです。「その格好は何?」「何時だと思っているの?」、そういう細かい部分ではなく全体を見つめることが大事だということです。

 三つ目は「Voice(声を掛ける)」。「元気?」「何してるの?」という声掛けも、愛する行為なのです。

 四つ目は「Excuse(赦す)」です。

 つまり、相手の話に耳を傾け、全体を見つめながらその存在を認め、声を掛けて、すべてを赦す。それが「愛する」ということなんだと、この「LOVE」という言葉は教えてくれているわけです。

 子どもたちは私たちの思い通りにはなりません。時にとんでもないことをやらかします。でも、それを赦し、受け入れる。これが「愛」なのです。

 「愛する」ってなかなか奥が深く、やりがいのある行為でしょ?