英語教育に対するいきごみ!

おはようございます。

本日、英語教育がどう変わる!というセミナーに参加しました。

2018年から小学5年生、6年生は英語が正式に教科として実施され、週3回英語授業が行われます。

従って、小学校でBe動詞、一般動詞、三人称単数などを学んで中学に進学します。
中学校での、そして高校での英語のレベルが1段階も2段階も底上げされます。

2020年度大学受験よりセンター試験が廃止され、それに取って代わる大学受験とし、外部の試験を採用します。英語であれば、TOEFLーIBT、英検、TOEIC等が検討されています。

また、中学の英語授業は英語で行われ、高校では討論なども英語で行われます。
このように、文科省、いや国を上げて英語教育を根本的に見直し、本気で英語力のかさ上げを実施していく覚悟を感じます。

吉野町教室では、こうした動きを受けて、本気で英語指導を更に充実させていく覚悟です。

塾長 長谷川