成長の春!ときどき勉強


みなさんこんばんは!

講師の伊藤です。


生徒の皆さん、今日も授業お疲れ様でした。

もうすぐ学年が上がりますね!

新しい生活が始まる中、大きな期待と不安と、春のうららかな眠気を感じていることかと思います。



そんな皆さんが勉強をしている姿を見ていると、

いやー、学年が変わるだけあって、みんなピリッと率先して勉強しているなー・・・



とは感じません(笑)



やはり、みんな嫌々、渋々やっているなーと感じることがほとんどです。

でも、それは当然ですよね。



楽な時間を過ごしたい、楽しいことをしたいという気持ちは

誰の心にもあると思います。



ただ、楽したいと同時に、勉強しなければ、と気持ちもどこかあるのではと思います。

その気持ちを抱えて悩むだけでも、とてもパワーを使いますよね。

そこでどれだけ頑張ることができるか、うまく自分と付き合えるか、が

今後のみなさんにとって(私も含め)、とても大切なのではと感じる今日この頃です。




講師になってから、よく自分が中学・高校生だった頃を思い返します。

卒業アルバムや写真などを見ると、今の自分は、見た目的には『うそ、私老けすぎ・・・?!』状態になりますが、

何を楽しいと思うか、何を辛いと思うか、

という心の核となる部分はあまり変わらないな、と非常に強く感じます。



逆に、学生の頃と今を比べて決定的に違うところを考えてみると、

自分が自由に使える時間・学ぶ機会が格段に減っています。

きっと大多数の保護者の方もそうではないでしょうか?



そこに気付くと、自分の感性を豊かにする・魅力的なものにするためには、

いろいろなことに触れて、様々なことを知ることが重要だということも同時に気付かされます。

だからこそ、『もっといろいろなことをやりたかったなぁ』

と言う大人の方が多いのだと思います。(私も含め)



ただ、その点において生徒の皆さんには絶対的なアドバンテージがありますよね。




そう、『学校の授業』や『受験』です。



この二つは、生徒の皆さんを苦しめるためにあるものではありません。

むしろ、お金を払ってでも生徒の皆さんの人生を豊かにしたい、

という、お父さんお母さんと学校の願いが込められています。




なので!

この圧倒的なチャンスを見逃す手はありません。

『勉強しないと・・・』と勉強に振り回されるのではなく、

『自分のために勉強してあげてもいいかな?』くらいの気持ちで構わないので、

がんがん学校や先生を利用してください。

そして、私たちはそれを望んでいます。



なのでこれから皆さん!毎日自習に来ましょう!!

とまでは言いませんが(本当は言いたいですが)、いつでも塾に来てください。



私たちはいつでも準備できています!






みんな!やっぱり毎日きてね!